しらぎくモバイル麻雀 HTML 5 版の三人麻雀。

※ここに『しらぎくモバイル麻雀』での「三人麻雀」プレイ画面が入ります。

三人麻雀とは。

三人麻雀は、その名の通り三人打ちの麻雀です。

符計算を行わず一翻一点で計算する、いわゆる点麻雀となります。

三人麻雀のルール。

符を扱わず、一翻一点で計算しますが、多くはリーチ麻雀に準じます。

特に四人麻雀と異なるのは以下の点です:

  • 万子は一と九のみを使用
  • 吃は出来ない
  • 和了者を次局の荘家とする
  • 万子と北を抜きドラとして使用する

この他、以下のルールを採用しております。

基本ルール。

  • 九局を以って一試合とし、常に東場とする。
  • 和了者が次局の荘家となる。
  • 場に両翻を付ける。
  • 一翻縛り。但し五本場からは両翻縛り。
  • 30点持ち、50点返し。途中でマイナスになった者が現われた場合はそこで終了とする(零点は続行)。
  • 槓ドラ, 裏ドラ, 一発あり。槓裏ドラはなし。
  • 鳴き断・先付け・形式聴牌あり。
  • 形式聴牌あり。
  • 現物の鳴直し禁止。
  • 振聴では栄和不可。但し国士無双に限り現物以外で栄和可。。
  • 国士無双に限り暗槓搶槓あり。
  • 両家和は双方の和了が有効。この場合、次局の荘家は放銃者の下家とする。
  • 包則は一切なし。

抜きドラ。

  • 北と万子(一・九)を抜きドラとする。
  • 抜きドラは手中で使用してもよいが、その場合はドラとして扱わない。
  • 抜きドラ直後の嶺上牌で和了した場合も嶺上開花となる。
  • 抜きドラで自他の一発及び開局一巡内の権利は失効しない。

立直。

  • 立直料は無料。
  • 一発は立直後ポン・槓のない一巡内の和了。但し搶槓とは重複する。
  • 立直後の見逃しは、以後振聴と見なす。
  • 立直後の暗槓は、摸牌でのみ、門子構成が変わらない範囲で可とする。
  • 次の摸牌が残っていない状況での立直はない。

槓。

  • 嶺上開花は常に両者払い。
  • 王牌は開局時十八枚とし、うち十六枚を嶺上牌として確保。
  • 槓毎に王牌には一幢(二枚)を送る。海底及び海底前の槓は出来ない。
  • 四槓算了は四槓子でない四つ目の槓をした者が、嶺上牌を引いて放銃しなかった場合。
  • 四槓子成立時は、五回目の槓は出来ない。

平局。

  • 荒牌は常に連荘。
    • 不聴罰は場に六点。
  • 途中流局は全て連荘。
    • 四槓算了
    • 九種幺九倒牌

点数計算。

  • 摸和での平和あり。
  • 満貫は 50点。役満貫は 100点。
  • 門前での和了では門前清 一翻を加算する。
  • 点数は一翻につき一点。荘家の和了は更に一点加算。
  • 積み棒は一本一点。
  • 摸和の場合は、両者から和了点を受取る(都合二倍となる)
  • 和了役は三色同順などがない事を除いてリーチ麻雀に準じる。

操作方法。

基本的な操作方法はリーチ麻雀と同じです。

抜きドラについては打牌として指定する事で抜出す事が出来ます。